【危ない?】おとくケータイの怪しい評判!MNPで乗り換えた!

おとくケータイの知っておくべき落とし穴とは?

2017年10月23日 21時17分

おとくケータイはとってもお得なサービスを提供してくれる代理店ですが、落とし穴とも言うべきデメリットが存在するのをご存知ですか?

今回はその落とし穴について詳しくお話していきます。
 

おとくケータイには落とし穴がある

おとくケータイの落とし穴に気づかずに契約してしまうと、こんなはずじゃなかったということになります。
 

落とし穴というべきデメリットは2点あるので、把握しておくようにしましょう。
 

1. 携帯の2年縛り中にMNPすると、違約金が発生する

 

まず、重要な落とし穴としては、携帯の2年縛りの最中にMNPで乗り換えようとしている場合です。
 

おとくケータイがお得だからといって、安易に飛びつくと「まだ2年縛りの最中だった!」
 

ということもあると思います。
 

2年縛りを詳しく知りたい方は下の記事をみてください。

携帯の2年縛りをわかりやすく解説!
 

2年縛り中におとくケータイでMNPしてしまうと、乗り換え前の携帯キャリアで1万円ほどの違約金がかかってしまう場合があります。
 

ここはしっかりと認識しておくようにしましょう。
 

ただ、おとくケータイはキャッシュバックがあるので、他の代理店で乗り換えるよりも当然お得です。

キャッシュバック分で違約金を相殺できる場合もあります。
 

2. 契約までに時間がかかる

おとくケータイは基本的に郵送なので、契約までに時間がかかります。

どうしても早く端末が欲しい人は、おとくケータイでMNPしてはいけません。
 

逆に、そこまで緊急を要さない場合は、おとくケータイのキャッシュバックはとっても魅力的です。
 

おとくケータイの落とし穴まとめ

おとくケータイを落とし穴は下の2つありました。
 

・2年縛りに注意
・契約まで時間がかかる

 

ただ、どうしてもソフトバンクに乗り換えたい人や乗り換えなきゃならない人は、できるだけおとくケータイを使った方が良いです。

なぜなら損をしないからです。
 

契約までに時間がかかるのは確かにデメリットですが、金銭的な部分についてはメリットしかないので一度キャッシュバックの金額は聞いて見る価値はあるのではないでしょうか。
 

→おとくケータイの公式サイトでキャッシュバック金額を確認する